pipenvの使い方

pipenvを使うことにより、rubyにおけるGemfileのようにpythonでpackage管理を行うことができる。

目次

利点

  • pip と virtualenv が連係して動作
  • requirements.txt ファイルの管理は 問題になり得る ので、代わりにPipenvは来たるべき Pipfile および Pipfile.lock を使う
  • パッケージの依存性をグラフで洞察できる(pipenv graph)
  • .envファイルを利用して開発ワークフローを効率化できる

特徴

  • pyenvが使える場合は、指定されているpythonバージョンを自動でインストールする
  • Pipfileが存在しない場合、自動で生成する
  • .envファイルがある場合、自動で読み込む
  • 既存の仮想環境が存在しないときは、自動で作成
    • 明示的に作る必要がない
  • install にパラメータが何も渡されないときは、 [packages] に指定された全てのパッケージがインストール
    • Rubyにおけるbundleと同じ

インストール

pip install pipenv

初期化

python2系 or 3系を指定する。Pipfileが作成される

# python3系
pipenv —-three 

# python2系
pipenv --two  

requirementsのインポート

pipenv install --requirements requirements.txt

packageのインストール

pipenv install [package]

Pipfilelockを使用してインストール

pipenv install --ignore-pipfile [package]

dev-packagesにパッケージをインストール

pipenv install [package] --dev

packageのアンインストール

pipenv uninstall [package]

全てのpackageのアンインストール

$ pipenv uninstall --all
No package provided, un-installing all dependencies.
Found 25 installed package(s), purging...
...
Environment now purged and fresh!

packageのアップデート

package指定がなければ、で全てのパッケージをアップデート

pipenv update [package]

Pipfilelockを作成

$ pipenv lock
Locking [dev-packages] dependencies…
Locking [packages] dependencies…
Updated Pipfile.lock (58dd91)!

packageの依存グラフを確認

$ pipenv graph
awscli==1.14.3
  - botocore [required: ==1.8.7, installed: 1.8.7]
    - docutils [required: >=0.10, installed: 0.14]
    - jmespath [required: <1.0.0,>=0.7.1, installed: 0.9.3]
    - python-dateutil [required: <3.0.0,>=2.1, installed: 2.6.1]
      - six [required: >=1.5, installed: 1.11.0]
  - colorama [required: >=0.2.5,<=0.3.7, installed: 0.3.7]
  - docutils [required: >=0.10, installed: 0.14]
  - PyYAML [required: <=3.12,>=3.10, installed: 3.12]
  - rsa [required: >=3.1.2,<=3.5.0, installed: 3.4.2]
    - pyasn1 [required: >=0.1.3, installed: 0.4.2]
  - s3transfer [required: <0.2.0,>=0.1.12, installed: 0.1.12]
    - botocore [required: <2.0.0,>=1.3.0, installed: 1.8.7]
      - docutils [required: >=0.10, installed: 0.14]
      - jmespath [required: <1.0.0,>=0.7.1, installed: 0.9.3]
      - python-dateutil [required: <3.0.0,>=2.1, installed: 2.6.1]
        - six [required: >=1.5, installed: 1.11.0]
    - futures [required: <4.0.0,>=2.2.0, installed: 3.2.0]
boto==2.48.0

仮想環境でコマンドを実行

pipenv run [command]
pipenv run python run.py

仮想環境が有効化されたシェルを起動

$ pipenv shell
Spawning environment shell (/bin/bash). Use 'exit' to leave.
source /Users/hondatakatomo/.local/share/virtualenvs/webkadai-_nqIBXqd/bin/activate

セキュリティの脆弱性をチェック

現在の環境がPEP 508の要求仕様を満たしているかチェック

$ pipenv check
Checking PEP 508 requirements…
Passed!
Checking installed package safety…
All good!

仮想環境の情報を出力

$ pipenv --venv
/Users/hondatakatomo/.local/share/virtualenvs/webkadai-_nqIBXqd

python_versionを指定

pyenv のインストールと設定が済んでいて、必要とするバージョンのPythonがまだ利用できる状態になっていない場合、Pipenvは自動でそのバージョンのPythonをインストールしたいかどうかを尋ねます

$ cat Pipfile
[[source]]
url = "https://pypi.python.org/simple"
verify_ssl = true

[dev-packages]

[packages]
requests = "*"

[requires]
python_version = "3.6"

pipenvとpipをアップデート

pipenv --update

.envのlocationを指定

$ PIPENV_DOTENV_LOCATION=/path/to/.env pipenv shell

.envを読み込まない

$ PIPENV_DONT_LOAD_ENV=1 pipenv shell

jumbotron

$ pipenv --jumbotron

 _______   __                                           __
/       \ /  |                                         /  |
$$$$$$$  |$$/   ______    ______   _______   __     __ $$ |
$$ |__$$ |/  | /      \  /      \ /       \ /  \   /  |$$ |
$$    $$/ $$ |/$$$$$$  |/$$$$$$  |$$$$$$$  |$$  \ /$$/ $$ |
$$$$$$$/  $$ |$$ |  $$ |$$    $$ |$$ |  $$ | $$  /$$/  $$/
$$ |      $$ |$$ |__$$ |$$$$$$$$/ $$ |  $$ |  $$ $$/    __
$$ |      $$ |$$    $$/ $$       |$$ |  $$ |   $$$/    /  |
$$/       $$/ $$$$$$$/   $$$$$$$/ $$/   $$/     $/     $$/
              $$ |
              $$ |
              $$/
このエントリーをはてなブックマークに追加